読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想電子画素 ┼ fantastic electro pixel

へけもこのコミPo! 作品置き場

ジョンといつまでも

マンガ 短編シリーズ

 

「あなたとは別れるけれどこれからも友達でいてね」とか言われても

それって「犬は死んだけど死体は持ってていいよ」っていうのと変わらないよね?

そんな発想からできたお話。

 

死体っていうのは両義的で生と死の中間に存在している。

それは死のそのものでありながら、この世に残った生の痕跡ともいえる。

埋葬の「後ろめたさ」は生の痕跡を消去してしまう罪悪感に由来してるのかもしれないとか思ったり。

 

それはそうと 主人公のメガネ野郎が労せずして次々女子と仲良くなるので一種のハーレムマンガだわこれ。

ふるさと

マンガ 短編シリーズ

》星惑う寒天に乳首とがらせて

 

バカマンガ。

 

実際のところ山でうさぎを追いかけたことがある人はあまりいないはず。

なのに「う~さ~ぎ~お~いし~」という歌を聞くと誰もが反射的に懐かしさで胸がいっぱいになる。

郷愁ってある意味捏造された感情なのかもしれない。

 

とはいえ別に皮肉が言いたくてこのマンガを作ったわけじゃない。

体験してないことですら懐かしいと感じさせるこの郷愁の不思議を描いてみたかった。

 

ショパンポーランド生まれの音楽家だけど活躍したのはパリで、お墓もパリにある。

けれども心臓だけは遺言でワルシャワに埋葬されているそうだ。

つまりフランスで暮らしている間も、彼の心は常に祖国ポーランドにあったということだ。

 

どこかに置き忘れた体の一部。

ふるさとは誰にとってもそういう存在なのだろう。

いつもと違う夏

マンガ 短編シリーズ

 》蝉しぐれ初めて飲んだ缶ビール

 

いつ振り返っても初恋がまぶしいのは
それがついに実らなかったからじゃないかな。

 

好きな人ができても子供のころは告白なんてうまくいかない方が多いし
そもそも思いを告げることなくあきらめる人が圧倒的だろう。

 

たとえ幸運にも告白が成功したとしてどうにもならない。
少年少女の恋が真剣な関係に至ることはまれで、いつか冷めて終わってしまう。
それは味気ない失望の経験だ。

 

けれども実らなかった恋は永遠にみずみずしい。
「あの時告白していたら」というファンタジーで思い出が輝き続けるから。

 

初恋の高揚は、ついに訪れなかった告白の日にこそあるのかもしれない。

ユニコーンを見た日

マンガ 短編シリーズ

ユニコーンを見た日電脳マヴォ へけもこ空想電子画素)

》 幻の一角獣を見た日曜

 

いい大人が食べ物を粗末にするお話。季刊コミュポ14号初出。

 

内容は、別れた相手にもう一度恋をする瞬間を描いた純情ラブストーリー。

けれどもラブの力で万事解決とはいかないのが大人の複雑なところだよ。

 

 (以下ネタバレ含む)

続きを読む

希望の本

マンガ 短編シリーズ

》絶望を乗り越える花をくれた人

 

チェーホフ風の小品を目指した短編。季刊コミュポ13号初出。

 

絶望を乗り越える力はどこからやってくるのか。

人生は僕たちに苦悩を与えるたびに、それに打ち勝つささやかなヒントも一緒に与えてくれる。

 

自分を救えるのは自分だけだということ。

けれども自分だけを救おうとしてもうまくいかないこと。

  

人生がくれたヒントを正しく受け止めた者にだけ奇蹟が訪れる。

 

(以下、ネタバレを含む)

続きを読む

フラワリー・アイズ!(第1話)

マンガ

表情を加工するアイテムがメーカーから公開されたので瞳のパターンをいくつか試作したよ。

このマンガはその試用作品。

初心に帰ってドタバタギャグマンガを作ってみた。

 

「第1話」とあるけどオチもついてるし、とりあえずここまで。

一応、設定やあらすじは最後までできているので、続きはまあそのうち。